ホール紹介

#1ホール  
Y PAR HC
555 5 7
一打目はフェアウェイ右サイド狙いでIPは左前方のフェアウェイバンカー横。
バンカー横の台地まで上がると2打目は打ち易い。
2nd IPの右側にマウンドがあり左に傾斜がある為やや右より攻める。
グリーンは奥が低い2段の為ピンが手前の時は高い球、奥の時は低い球で攻める。

 

球場の写真

 

 

 

 

 

#2ホール
Y PAR HC
414 4 15
一打目は左バンカーの右がベストポジションだが左にバンカー、ウォーターハザードがある為、右側に逃げた方が良い。
グリーンは右が高く左が低い2段グリーンなので2ndショットはフック系の球よりスライス系の球の方が止まりやすくグリーンを捕らえやすいが右手前からのアプローチは難しい。
 

球場の写真

<

 

#3ホール
Y PAR HC
449 4 1
距離のあるミドルホール。一打目は右手よりドロー系の球を打てれば良い。
2ndショットは距離が残るがグリーンが砲台で手前より難しい3段になっているため、左右にはずれると転がすアプローチができないので難しい。手前より低い球で転がしあげる。
グリーンは上がり、下りの力加減を思い切ってつけないとすぐに3パットになるので要注意。
 

球場の写真

#4ホール
Y PAR HC
437 4 5
距離のあるミドルホール。左バンカーよりフェード系の球を打てれば良い。
左右バンカーの間がIPポイント。
2ndショットもフェード系の球がグリーンを捕らえやすいが、グリーン左のバンカーからグリーンまで少し距離が有る為近く見えるので大きめに打つ。

 

球場の写真

 

#5ホール
Y PAR HC
217 3 9
距離のあるパー3。風邪が右からのアゲンストの時は要注意。左のハザードに入れる場合が多いので右手前からアプローチでパー狙い。

球場の写真

#6ホール
Y PAR HC
412 4 17
このホールはティショットの出来次第で大変スコアに差がでます。
左の湖を怖がってはいけません。湖から風が吹いている場合は、左のハザードラインからスライスを打つつもりでよい。
フェアウェイより2ndショットが打てればパー、あるいはバーディーをとることも可能です。飛距離より方向性が第一です。
 

球場の写真

 

#7ホール
Y PAR HC
392 4 11
距離の短いパー4。2ndショットはクリーク越えになる為自分の得意の距離を残すようティショットの使用クラブを選択する。
ティショット、2ndショットとも決められた距離を打つ技術が必要です。
 

球場の写真

#8ホール
Y PAR HC
154 3 13
グリーンの奥行きが狭い為距離感が大変難しい。風の判断を的確に掴む必要有り。
奥のマウンドからはパターで寄せるのがやさしい。
 

球場の写真

#9ホール

Y PAR HC
583 5 3
距離のあるパー5。このホールは2nd IP地点にいかに正確にボールを運ぶかがキーポイント。グリーン方向を狙う場合は距離がとどくかどうかを判断し、とどかなければ2nd IPに刻んだほうがよい。グリーン左手前のバンカーに捕まると大変難しい。
 

球場の写真

#10ホール
Y PAR HC
411 4 16
ティショットがIP地点(バンカー横の台地)に打つことができると2ndショットが大変楽になる。フェアウェイに微妙なアンジュレーションがあるのでスタンスの方向、ボール位置に注意する。グリーン奥からのアプローチは難しい。
 

球場の写真

 

#11ホール
Y PAR HC
519 5 6
まっすぐなパー5。風のむきによっては2オンも可能。ティショット、セカンドショット共低い球で方向を大切に。2nd IP 右のバンカーは要注意。
 

球場の写真

 

#12ホール
Y PAR HC
428 4 10
ティショットは左からフェードボールがベスト。2nd ショットはスタンスの傾斜を良く確かめて打たないとヒッカケやすい。

球場の写真

#13ホール
Y PAR HC
440 4 8
ティショットの左ショートカットは禁物。正面IP以外の所からはグリーンを捕らえにくい。2ndショットはピンが下、中の段の時は下の段、奥の段の時は中の段に距離を合して打つ。
グリーンは3段で大変難しいが右手前より攻めアプローチはピンが段の上の場合は出来るだけ転がす。
 

球場の写真

#14ホール
Y PAR HC
180 3 14
フェード系の止まる球が要求される。
左、中、右の3段グリーン。真ん中の段は手前と奥の高低差がない為、手前より速く止まりにくい。
ハザードに入った場合は、ボールが最後にその境界を越えた所をよく確かめておく必要があります。
 

球場の写真

 

#15ホール
Y PAR HC
570 5 2
ティショットが左サイドの場合はつま先下がりとなり体が速く開き右側の
ハザードに入りやすいので注意が必要。
2nd ショットは第2IP先のバンカーに入れるつもりで打つ。
台地に上がればよしとするがグリーンはまだまだ遠い。
 

球場の写真

 

#16ホール
Y PAR HC
184 3 12
打ち下ろしで風の影響を受けやすくクラブ選択が大切。
フォローウィンドの時グリーン奥のハザードに注意する。
 

球場の写真

 

#17ホール
Y PAR HC
387 4 18
ティショットは右のバンカーを避け左よりスライス系の球が安全。
バンカー横のIPにうつことができればパー、バーディーも狙える。
 

球場の写真

 

#18ホール
Y PAR HC
453 4 4
フィニッシングホールとして相応しく距離もあり大変難しいホール。
ティショットは中央の欅を狙って思い切りよくスウィング。
IPまでくると残りは190Y前後。
ピンが左サイドにある時は左ハザードに注意する。
 

球場の写真

版权所有上海光明高尔夫俱乐部
中国江苏省昆山市周庄镇 龙兴路128号 邮编215325